眼圧が下がらない

昨日の夕方もちろは病院へ。

眼圧。。。。。。下がっていない。
痛がらないのが幸い。
内服の痛み止めが効いているのかな。

今日も点滴を30分かけて(マンニトール)施行され、
連休があるので、足りなくなるお薬の処方受ける。

今日は院長先生が診察してくれて
「なんとしても、守りたいね」ってちろの左目を覗き込む。

その瞬間、いつも頑張ってこらえていた涙が
不覚にも出てしまったまいきむだった。

そうなんだよね。

あえて表現しないようにしていたのだが、
眼圧のコントロールが付かなくて、眼球摘出にいたる症例は少なくはない。
義眼とかの方法もあるみたいだし、、、、
ちろはシーズーなので、毛が伸びる。
両方の目がなくなっても、毛の長さで外見的にはカバーできるのかも。

そんなことを考えて、ネットサーフィンして情報を求め、
自分を落ち着かせてきた。

でも、もう、ちったんはまいきむの顔を見えることが出来ないんだと思うと
どうしてもっと早く気づいてあげられなかったのかという後悔が
ただただこみ上げて来る。

もっと真剣にすでに摘出されていた右目のことを考えれば、
残されたほうにも、何らかの出現があるのじゃないかって予想して
予防できたはず。

ちろが視力を失って四日目。
時間的には、もう回復は困難と思われる。
初日に午前中に受診した時に、眼圧を測定してくれていたら
手遅れにならなかったんじゃないのかな。。。。。
そんなことも頭をよぎる。

だめだめ、他人のせいにするのはだめだよね。

とにかく、
今は、ちろのために出来ることをする。

痛みが出ていないか観察しながら、きちんと与薬する。
物にぶつかって怪我をしないように、家の中を整える。
あとは、なんだ?

耳もかなり遠くなってしまっているちろ、
鼻はまだ大丈夫。
食欲もある。

がんばろうね。


c0129346_22924.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村
[PR]

by cocokim | 2011-07-17 02:07 | ちろの目