カテゴリ:縫合糸( 4 )

予防接種 仕上げ

今年最後のフィラリアの予防接種を
美味しくいだいたココ。

ココはもうすぐ生後6ヶ月になろうとしているが
2種ワクチン2回、6種2回、狂犬病1回、フィラリア予防の内服4回。
これだけ予防接種した。

その他には、耳で1回、回虫で1回受診している。

病院も慣れた場所だ。
「ココちゃ~~ん」と呼ばれると、四本の足に力を入れて
「行かない、行かない~~~」と頑張るようになった。(>_<)

今日は、避妊手術のことを聞いてみた。
どうしても、縫合糸のことをはっきりさせておかなければならない。
はっきりと、手術の縫合には「溶ける糸」を使って欲しいときりだすと、
院長先生は
「今では、全部の手術に溶ける糸を使ってますよ」とのこと。
絹糸を使ったために、大変な病気になった子がいて、
それ以来、おそらく北見中ほとんどの所でそうしているはずですと。

先週のドッグランで会ったワンちゃんが、その前の週に去勢手術を受けてまだ抜糸をしていない
と言っていたことを思い出した。
ココとは違う病院だった。
でも、キック君が手術を受けた病院だ。

その子、体内では溶ける糸を使われていますように(念)

そうそう、
今日のココの体重7.4kg

もう、、、、増えなくてもいいよ。
見た目は大きくないけれど、抱くと重い。。。。。。(>_<)



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
<犬ブログ ビーグル行き>  よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-10-26 05:41 | 縫合糸

ロビちゃんのこと

ビーグルのブログを巡っていて、偶然出会ったんだ。

ロビちゃんのブログ。

http://blog.livedoor.jp/robi1/

まだ、はっきり解ってはいないのだけれど、

キック君やトトちゃんのような、糸反応による肉芽腫の可能性があるんだ。

ロビちゃんの家族は、今ロビちゃんの今後の治療方針について一生懸命考えているところ。

どうか、どうか、ロビちゃんが元気に回復しますように。

まいきむは毎日応援しているんだ。

そして、

これから去勢、避妊手術を考えている方がいれば
是非、縫合糸についてよく獣医さんと話し合ってほしいと思う。

絹糸のこと、、、、、知らない人がいたら、どんどん話して広めていこう。

http://www.dr-wanwan.com/index.php?cID=16
[PR]

by cocokim | 2007-10-11 23:37 | 縫合糸

手術の縫合糸について 2

最近、まいきむの頭の中は
去勢・避妊手術で縫合に絹糸を用いたのが原因で
引き起こる病気のことでいっぱいだ。

先日ブログに書いた、キック君の闘病で身近に感じたこともあるし、
ココがもうすぐ手術の時期になっていることもある。

今日、同級生のちーやんが獣医さんと結婚して、某市で動物病院を営んでいることを思い出して電話して聞いてみた。
ちーやんの所は猫ちゃん専門の病院なので、猫にはそういう病気がないのかと疑問に思ったのだ。

驚いた。
ちーやんの所では、10年も前から体内に残す糸に、絹糸は一切使用していないそうだ。
(余程しっかり固定の必要な特殊な手術以外)

理由は、やはり糸アレルギーという悪影響を考慮してのことだ。
常識でしょう、と言っていた。
さらに、表面の縫合も猫は抜糸する時に抵抗する子が多いので、
しなくても良いように溶ける糸を使用しているそうだ。

獣医によって、こうも違うものかと驚く。
溶ける糸は確かにコストがかかるそうだ。

手術に当たり、十分不安を打ち明け、しっかり説明してもらうようにアドバイスされた。
そのような説明を求められる事は、医師は喜ばしいらしい。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
犬ブログ ビーグル行き  よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-27 16:02 | 縫合糸

手術の縫合糸がもたらす病気について

今日は真面目なお話です。

 先代の柴犬はなは生後6ヶ月の時に不妊手術を受けました。
 ココもそろそろ手術について考え始める時期になりました。
 オスもメスも、繁殖を望まない場合は病気の予防や健康維持のために去勢・不妊手術を愛犬に施す飼い主さんは多いと思います。本などでも、推奨されていますね。

 でも、その手術の縫合で使用する糸に思わぬ恐怖が潜んでいることは、触れられていないと思います。私も知りませんでした。

 今月18日に友人のSさんの愛犬「キック君」が天国へと旅立ちました。キック君は生後6ヶ月の時により健康で長生きして欲しいというSさん御夫妻の愛情の元で、去勢手術を受けました。
それ以来、徐々に皮膚症状などを中心に異変が現われ始めました。
 手術後1年たち、縫合糸を除去する手術も受けました。色々な治療を受けますが、皮膚の中に次々と現れる憎き「肉芽腫」がキック君の体を蝕んでいきました。

 Sさん御夫妻は、出来る限りのことをキック君のためにと献身的努力を続けてこられましたが、ついにキック君の病気は消えてはくれませんでした。

 Sさんがネットで調べる中で、同じような病気で苦しむワンちゃんと飼い主様がいることを知ります。励まし合い、情報交換をするなどしてきた方の愛犬「トトちゃん」が虹の橋を渡っ時に
「この病気について一人でも多くの方に知って欲しい、これ以上かわいそうな思いをワンちゃんにさせたくない」と強く願い、活動を始めました。
私も、微力ながらお役に立てればと思います。


c0129346_1349425.jpgc0129346_1352884.jpg





ここのブログを訪れてくれる方のほとんどは犬が大好きな方々です。
どうぞ、このことを一人でも多くの方に伝えていただければ、幸いです。


以下は、トトチャンのママからの伝言です。



糸の危険性知ってください。

あまり知られていることではありませんが、去勢、避妊手術では体の中に糸を残します。
内臓に近いところに異物を残すんです。
溶ける糸を使っていると思われると思いますが、「絹糸」を使う病院もまだまだ多いのです。
この「絹糸」とても危険です。この「絹糸」を使うことによって起こる病気があります。
もちろん、手術うけたみんなにおこるわけではありませんが、特にダックス、といってもダックスだけにおこるわけではありません。
縫合糸肉芽腫または脂肪織炎といって、体の脂肪が壊死したり、糸のまわりに肉芽腫が出来、内臓にとても悪い影響を及ぼします。
もちろん、避妊去勢手術が悪いことではありません。乱繁殖の防止、もちろん、病気の防止にもつながります。 二
ただ、この危険性も知っていて欲しいのです。
そして、手術を受ける際、先生とよく話し合ってください。
「絹糸」を使うといわれたら、それは一番アレルギー反応が少ない糸に変えてもらってください。
ただ、この病気、「絹糸」だけで起こるわけではありません。稀に溶ける糸でもアレルギーになる子もいます。
それでも「絹糸」の危険性はかなりものですので、一番安全な糸を使うように獣医さんにお願いしてください。
この病気によって命を落とした子もいます。その子たちのためにも、糸の危険性知っておいてください。そして、この病気になる子がいなくなる日を心より願っています。


みなさま、よろしくお願いします。



みなさま、まいきむからもよろしくお願いします。

トトチャン、キックくんのご冥福をお祈りします。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
よんでくださってありがとうございます。ポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-22 10:08 | 縫合糸