<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おひげのカット

Y本さんちの「パピー」ちゃん。生後3ヵ月半くらい(♀)

パピヨンとマルチーズのミックス

c0129346_12245754.jpg


人見知りをするようになって来た所らしく
「おいで~~」と言うと
お父さんの影に隠れるように逃げてしまう。
いっちょこまえに、「ワンワン」だって~~~。
すごーく可愛い。


さてさて、ココちゃんは最近歯の抜け替わりも終盤に。
何かまた食べてるな~~~~と思ってお口をこじ開けると

c0129346_12262873.jpg



そして、ココちゃんのおひげをカットしてみた。
動かないでね~~~~いいこいいこ。
おそるそそる、ちびっとね。

カット始めてみると、
「え?こんな所にも?」ってところにもひげがあるの。
下唇の辺りにもあるし、ほっぺの奥のほうにも。。。。

全部切っていいんだろうか?
目頭の上のやつも切っていいのかな?

本には書いてないんですけど~~~~(汗)

中途半端な仕上がりでした。
ごめん、ココ。
続きはまた明日~~~~~

c0129346_12283815.jpg






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
<犬ブログ ビーグル行き>  よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-30 12:12 | 体重

夕方の公園

久しぶりに、てんちゃんが夕方の散歩に連れて行ってくれた。

行き先は、
いつもの遊歩道の公園
を通り
その横の遊具のある公園で寄り道。

すでに日が暮れて薄暗~~くなってしまった。

画像で見ると、夜中みたい。

c0129346_15272297.jpg


「てんちゃん、てんちゃん、この穴はな~に?」

「ココちゃん、穴を通ってごらん」

c0129346_15293028.jpg


「向こうまで、良ーくみえるね~~~、でも、てんちゃんお先にどうぞ~~」

「ココちゃん、もしかして、怖いのぉ?」

c0129346_1531481.jpg


「えええ。。。。てんちゃん、どうじてわかるのかしら??」




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
犬ブログ ビーグル行き  よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-29 15:35

小春日和

2日前の写真だが。。。。

めっきり寒くなってきている北海道。
前日「(ヒョウ)」が降ったほど荒れた天気だったとは思えないこの日。

ぽてっと地面でくつろぐココ

あまりに気持ちよさそうな姿を見て
久々に VR18-200 レンズ搭載し、撮影してみた。

c0129346_1649264.jpg

c0129346_16495057.jpg


古めかしい自転車がじゃまだわね。

c0129346_16513126.jpg
「なにか ようですか? おやつの時間ですか?」





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-28 16:44

手術の縫合糸について 2

最近、まいきむの頭の中は
去勢・避妊手術で縫合に絹糸を用いたのが原因で
引き起こる病気のことでいっぱいだ。

先日ブログに書いた、キック君の闘病で身近に感じたこともあるし、
ココがもうすぐ手術の時期になっていることもある。

今日、同級生のちーやんが獣医さんと結婚して、某市で動物病院を営んでいることを思い出して電話して聞いてみた。
ちーやんの所は猫ちゃん専門の病院なので、猫にはそういう病気がないのかと疑問に思ったのだ。

驚いた。
ちーやんの所では、10年も前から体内に残す糸に、絹糸は一切使用していないそうだ。
(余程しっかり固定の必要な特殊な手術以外)

理由は、やはり糸アレルギーという悪影響を考慮してのことだ。
常識でしょう、と言っていた。
さらに、表面の縫合も猫は抜糸する時に抵抗する子が多いので、
しなくても良いように溶ける糸を使用しているそうだ。

獣医によって、こうも違うものかと驚く。
溶ける糸は確かにコストがかかるそうだ。

手術に当たり、十分不安を打ち明け、しっかり説明してもらうようにアドバイスされた。
そのような説明を求められる事は、医師は喜ばしいらしい。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
犬ブログ ビーグル行き  よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-27 16:02 | 縫合糸

北海道銘菓

白い恋人の次は
これだ!!

c0129346_5172091.jpg
c0129346_5174523.jpg


食べた感想

「差し歯の方も、歯に詰め物ある方も、安心して食べられます」

生チョコが世に出た時は、何でチョコが生なの?
食べなれるまで意味不明な印象だったのを覚えている。
今じゃあ、チョコレートよりもミルクっぽくて柔らかいのが「生チョコ」という認識だ。

生キャラメルも、そんな感じかな。
一度召し上がってみてください。(えっと・・・・どこで買うのかな?)


「はい、すぐにでも食べたいです~~~~」って、ココはダメよん。
c0129346_522995.jpg

c0129346_5222480.jpg



そして
もう一つ。
今日はお土産いっぱいいただいちゃった~~~♪

c0129346_525347.jpg


このバームクーヘンは、焼きたての所を買ってきてくれた。
「妖精の森」ネーミングもオシャレだわ。
メープルシロップの甘い香りと味。
しっとりしていておいしい♪

「ココちゃんのは、まだですか~~?」

ってか、やば。
弁当作らなきゃ(汗)     ブログ書くと時間の経つのが早いわ



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-26 05:16

キャリーケース

ココは毎日ママと出勤します。

車の中は、ステキなキャリーケースで。

と、言いたい所だけれど昔何かの弾みで買ったものの、
使い道がなく押入れにおしこめられていたプラバスケット。

黄色い蓋もつくの。


ココは、車ではこの中に入るものと思っているので
おとなしく入る。
蓋をとっても、この通り。

c0129346_565370.jpgc0129346_57541.jpg

でもね。。。。。
一つだけやめて欲しい癖が・・・・・
このバスケットに入ると、チッコしなきゃいけないと思ってしまったみたい。

チビットなんだけれど、必ずというくらいチッコをするのだ。
底にトイレシーツを敷いているからなんだろ。
もしやと思い、シーツを敷かないで見たが同じだった。。。。(このときは悲惨だった)

いずれにしても、このかごも小さくなってきたよ。
ドライビングバックというシートベルトで固定する入れ物があるのね。
そいうの買ってみようかな?




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-25 17:03

みどりあし~~

ココ~~~~
さっきから楽しそうに、フガフガいって遊んでる。

ん?

フガフガッ?


ココがフガフガって遊ぶとろくな事していないんだ。。。。。。。(汗)


c0129346_4564789.jpg



青汁の粉だよ~~~~
こんなものでも、食べ物と思うのか?
ココの食い意地は全くすごい。

「ママ~~~」
寄ってくるココ。

c0129346_5154.jpg


ココちゃ~~ん、
自慢の足袋が緑色に染まってますよ~~わはは。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-24 13:52

ココ 芸おぼえたよ~~ 



画像が汚い。
しかも横だし。。。。
携帯のムービーで撮影したから。



指で拳銃の形にしてココに向け

「バーーーン!!」

するとココはその場に倒れて、転がる。

先月予防注射で行った動物病院の女医先生の犬にソレを教えたと聞いて
ココに教えてみた。

おやつにつられて、意外と早く覚えた、さすが食いしん坊。






にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-23 01:28

手術の縫合糸がもたらす病気について

今日は真面目なお話です。

 先代の柴犬はなは生後6ヶ月の時に不妊手術を受けました。
 ココもそろそろ手術について考え始める時期になりました。
 オスもメスも、繁殖を望まない場合は病気の予防や健康維持のために去勢・不妊手術を愛犬に施す飼い主さんは多いと思います。本などでも、推奨されていますね。

 でも、その手術の縫合で使用する糸に思わぬ恐怖が潜んでいることは、触れられていないと思います。私も知りませんでした。

 今月18日に友人のSさんの愛犬「キック君」が天国へと旅立ちました。キック君は生後6ヶ月の時により健康で長生きして欲しいというSさん御夫妻の愛情の元で、去勢手術を受けました。
それ以来、徐々に皮膚症状などを中心に異変が現われ始めました。
 手術後1年たち、縫合糸を除去する手術も受けました。色々な治療を受けますが、皮膚の中に次々と現れる憎き「肉芽腫」がキック君の体を蝕んでいきました。

 Sさん御夫妻は、出来る限りのことをキック君のためにと献身的努力を続けてこられましたが、ついにキック君の病気は消えてはくれませんでした。

 Sさんがネットで調べる中で、同じような病気で苦しむワンちゃんと飼い主様がいることを知ります。励まし合い、情報交換をするなどしてきた方の愛犬「トトちゃん」が虹の橋を渡っ時に
「この病気について一人でも多くの方に知って欲しい、これ以上かわいそうな思いをワンちゃんにさせたくない」と強く願い、活動を始めました。
私も、微力ながらお役に立てればと思います。


c0129346_1349425.jpgc0129346_1352884.jpg





ここのブログを訪れてくれる方のほとんどは犬が大好きな方々です。
どうぞ、このことを一人でも多くの方に伝えていただければ、幸いです。


以下は、トトチャンのママからの伝言です。



糸の危険性知ってください。

あまり知られていることではありませんが、去勢、避妊手術では体の中に糸を残します。
内臓に近いところに異物を残すんです。
溶ける糸を使っていると思われると思いますが、「絹糸」を使う病院もまだまだ多いのです。
この「絹糸」とても危険です。この「絹糸」を使うことによって起こる病気があります。
もちろん、手術うけたみんなにおこるわけではありませんが、特にダックス、といってもダックスだけにおこるわけではありません。
縫合糸肉芽腫または脂肪織炎といって、体の脂肪が壊死したり、糸のまわりに肉芽腫が出来、内臓にとても悪い影響を及ぼします。
もちろん、避妊去勢手術が悪いことではありません。乱繁殖の防止、もちろん、病気の防止にもつながります。 二
ただ、この危険性も知っていて欲しいのです。
そして、手術を受ける際、先生とよく話し合ってください。
「絹糸」を使うといわれたら、それは一番アレルギー反応が少ない糸に変えてもらってください。
ただ、この病気、「絹糸」だけで起こるわけではありません。稀に溶ける糸でもアレルギーになる子もいます。
それでも「絹糸」の危険性はかなりものですので、一番安全な糸を使うように獣医さんにお願いしてください。
この病気によって命を落とした子もいます。その子たちのためにも、糸の危険性知っておいてください。そして、この病気になる子がいなくなる日を心より願っています。


みなさま、よろしくお願いします。



みなさま、まいきむからもよろしくお願いします。

トトチャン、キックくんのご冥福をお祈りします。





にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
よんでくださってありがとうございます。ポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-22 10:08 | 縫合糸

今日の体重

先週は、5.7キロだった。

1週間経ったのでまた計測を。

今日の体重
6.0キロ

一週間で0.3キロ増

いつまで大きくなるのかな~~~。

c0129346_10154941.jpgいえいえ、まだまだなります~~~






だそうで。













にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ランキングに参加してみました。よければポチッと押してください。m(__)m
[PR]

by cocokim | 2007-09-21 21:11 | 体重